×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

借金の消滅時効の援用

MENU

借金の消滅時効について

借金の消滅時効は、消費者金融もしくはクレジット会社から借金をしていて、何年もの間返済をしていない場合に成立するものです。

借金の消滅時効の援用

借金の消滅時効は、ある一定の状況が継続することで、権利や効力が消滅することです。
民法では取得時効と消滅時効、刑事では公訴の時効と刑の時効があることで知られます。
キャッシングローンでの返済期間は、借金の消滅時効によってなくなります。
時効で殺人や窃盗の罪が消えるのと同様に借金の消滅時効も行使されることになります。
借金の消滅時効が成立することによって、時効が行使されるのです。
キャッシングローンでの借金の消滅時効期間は、最後に返済した日から5年になります。
借金の消滅時効が成立すると、債権者である金融会社は返済を請求できなくなるのです。

借金の消滅時効が正式に成立するためには、債務者が途中でお金を返済していないことと、債権者がお金を5年間、請求していないことの要件が必要になります。
もちろん、ただ単に放置しているだけでは、借金の消滅時効は成立することはありません。
借金の消滅時効を成立させるためには、相手方に意思表示することが必要なのです。
借金の消滅時効の援用と呼ばれており、相手にその意思を伝えることで効力があるのです。
もちろん、借金の消滅時効までの期間がそのままの状態で経過するわけではないのです。
法律で定められた条件に該当すると、借金の消滅時効の期間が振り出しに戻る場合があり、訴訟の提起や、借金の支払い、債務を認める行為をした時にはこれに該当します。
借金の消滅時効を成立させるためには、慎重な配慮が必要で注意しなければなりません。

借金の消滅時効が成立するのは、民事事件の時効に該当するものです。
要するに時効の条件を満たした時に借金の消滅時効が成立することになります。
債権者は、借金の消滅時効によって時効が援用された債権については請求できません。
借金の消滅時効のためには、5年の間、債権者から一切返済請求がなく、また債務者が返済していない状態が継続している必要があります。
最終的に借金の消滅時効で時効を援用するには、相手に通知しなければなりません。
キャッシングの返済が借金の消滅時効に到達してもそれだけでは時効は成立しないのです。
時間経過だけでは時効とみなされないのが、借金の消滅時効の大きなポイントです。
債権者に対して、時効に必要な時間が経過したことを伝える必要かあるのです。
そして借金の消滅時効で得る利益を債務者が自ら主張しておかなければなりません。
要するに借金の消滅時効の援用は切っても切れない関係で必須のものです。
借金の消滅時効の成立というのは、債務者が必ず時効の援用をしなければなりません。