×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

借金の消滅時効について

MENU

借金の消滅時効について

借金の消滅時効は、消費者金融もしくはクレジット会社から借金をしていて、何年もの間返済をしていない場合に成立するものです。

借金の消滅時効とは

借金の消滅時効は、消費者金融もしくはクレジット会社から借金をしていて、何年もの間返済をしていない場合に成立するものです。
借金の消滅時効が成立すると、法的に支払い義務が消滅するケースがあるのです。
それは借金の消滅時効が、権利を一定期間実行しなかったことによって、その権利が消滅することによって起こるからです。
借金の消滅時効は一定期間その借金を返済しないと、権利が消滅してしまうのです。
仮に業者が借金を返せと抗議したとしても、その主張できる権利は消えてしまうのです。
このように一定期間権利を行使しないことで権利を失う借金の消滅時効は消滅時効です。
逆に人のものを一定期間所有して所有権を取得することができる取得時効があります。
時効にはこうした借金の消滅時効に見られる消滅時効と取得時効の2種類に分けられます。

借金の消滅時効は、金融業者から借入れて多重債務などで苦しんでいる人に適用されます。
そうした場合、借金の消滅時効が適用されるのです。
要するに借金の消滅時効は、一定期間返済しなければ、借主の返済義務がなくなります。
一定の事実が長い間続くと、借金の消滅時効が社会通念上、適用されることになります。
それは法律関係の安定を図るために、そうした状態を、権利関係として認めるものです。
長年にわたって権利を主張しない人については、保護する必要がないという考えから借金の消滅時効が社会的、法律的に採用されているのです。
それは、権利に上に眠る者に対しては保護しないという観点に立って借金の消滅時効を成立させています。

借金の消滅時効は10年になっていますが、借入先が銀行、もしくは消費者金融などの場合は、商事債権の時効が適用されるようになります。
そうした場合債務者の時効については5年になります。
借入先が法人でなくて個人の場合には、借金の消滅時効は10年ということになります。
ただ借金の消滅時効の期間が満了すれば債務者の返済義務がなくなるものではないのです。
借金の消滅時効が成立するのは、その利益を受ける者が意思表示することで生じます。
要するに債権者に対して借金の消滅時効が成立している旨の債務者の意思表示が必要です。
借入れた金銭の支払義務が消滅していることを告げて借金の消滅時効が成立するのです。
通常、借金の消滅時効を成立させるためには、通知書を債権者に送付する必要があります。
多重債務で苦しんでいる人は、借金の消滅時効を考慮するといいでしょう。