×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

借金の消滅時効の証明書

MENU

借金の消滅時効について

借金の消滅時効は、消費者金融もしくはクレジット会社から借金をしていて、何年もの間返済をしていない場合に成立するものです。

借金の消滅時効の証明書

借金の消滅時効は、民法では10年間とされていますが、商法上は5年になっています。
金融会社から借り入れした場合、借金の消滅時効は5年になるのですが、実際に時効が成立するのは最後の取引から5年間ということになります。
要するに相手から全く請求が無い時のみに、借金の消滅時効は成立することになるのです。
借金の消滅時効が簡単に成立すると、お金を貸した債権者はとても困ってしまいます。
債権者としては借金の消滅時効を簡単に成立させないよう、相手が方に請求します。
借金の消滅時効が成立しないようにするには、きちんとした証明書を送る必要があります。
借金の消滅時効によって借金が消えるのを防ぐために、時効の進行を食い止めるのです。

借金の消滅時効の進行を阻むことを時効の中断といいます。
債権者は、借金の消滅時効を成立させないように催促などで証明書を債務者に送ります。
一般的には借金の消滅時効阻止のために内容証明郵便で証明書を送るようになっています。
内容証明郵便という、借金の消滅時効のための証明書は、詳細な内容が郵便局で記録されるために、重要な証拠となり、郵便局が証明してくれるのでスムーズに話が進みます。
借金の消滅時効の成立や中断などに関しては、やはり専門家に相談するのがベストです。
いずれにせよ、借金の消滅時効によって仮に借金が消えても、その情報は記録として残ることになるので、今後また借金することはとても困難であると言えます。
きちんと借金の消滅時効を正式に進める場合にも、債権者に証明書を送る必要があります。

借金の消滅時効を利用して借金をなくすには、証明できる内容証明郵便がいいのです。
内容証明郵便は借金の消滅時効に際しては大きな力となり、相手方が不在、受け取り拒否した場合でも、一定期間郵便局で保管されて差出人に戻るようになっています。
内容証明郵便という証明書は、借金の消滅時効を活かすための有効な手段の1つなのです。
要するに証明書を提出することで、借金の消滅時効を貸した側に訴求することができます。
とにかく借金の消滅時効を成立させるためには、相手方に主張することがカギを握ります。
債権者に対して、借金の消滅時効が成立している旨の主張をする必要があるのです。
債権者に借金の消滅時効を訴える際に、自分で債務を認めるなどの内容を証明書に記載すると時効が中断してしまうので注意しなければなりません。
業者から借金の消滅時効に関する請求書が来た場合は、顧客管理番号や、契約番号などをよく確認する必要があります。